×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノア(NOAH)が新型に

トヨタのミニバン『ノア』がフルモデルチェンジ。
先代ノアがデビューしたのが2001年。
ライバルのセレナステップワゴンがチェンジを繰り返す中でも
ノアは常に安定した人気を持続させてきた。
まる6年経って登場する『新型ノア』は
「ミニバンの“真打”」であり続けるため
満を持してのデビューとなる。
新型ノアspan>は、先代ノア同様、ヴォクシーと中身が同じ兄弟車種。
販売店(ヴォクシーはネッツ店、ノアはカローラ店)のキャラクターに合わせ
ヴォクシーにはクールなデザインを
ノアには親しみやすいデザインが与えられた。
今回のフルモデルチェンジで標準ボディとエアロボディが設定。
エアロボディは全幅が1,720mm(標準ボディは1,695mm)となり3ナンバーとなる。

新型ノア(NOAH) デザイン

新型ノアのエクステリア(外観)はおおらかな平面ラウンドの立体ボディと
グリルからフードへと続く彫りの深い造形で親しみやすさと上質感を両立させたデザインに。
ノアのサイドビューは
フロントフェンダー部でJ字型に折り返すキャラクターラインでモダンなイメージが表現されている。
新型ノアのリアは基本的にヴォクシーと共通だが
バックドアガーニッシュにメッキ処理が施され上質感を際立たせる。
エアロボディには、1本化したグリルバー、スポイラー一体型の大型バンパーに加え、張り出したホイールフレアでワイド感を強調させるフロント、大型サイドマッドガードを設定し、走りを予感させるサイドビューが与えられ、差別化が図られている。

ノア(NOAH)のシート構造

新型ノア シートは?

新型ノア
は快適性・使いやすさに徹底的にこだわり室内空間と装備の充実を図っている。
サードシートは簡単な操作で広いラゲッジスペースが作り出せるワンタッチスペースアップシートを採用。
ワンタッチのレバー操作でシートが自動的に跳ね上がりフックでシートを固定するだけで格納することが可能。
女性でも片手で操作できる軽さ。
(これはウレシイ^^)
セカンドシート(2列目)にはロングスライドマルチ回転シートを設定。
センターシートを除く左右のシートが簡単な操作で外側方向に180度回転!
サードシートと向き合う回転対座シートを実現した。
セカンドシートは最大で前後に470mmのスライドが可能。
フロントシートとセカンドシートの前後席距離は標準ボディで従来型より約80mm拡大した1,030mmを確保。
(なんと広い!!)
後方にMAXにスライドさせれば背の高めの大人でも余裕をもって足を伸ばせるんです。
ロングスライドマルチ回転シートにはお子様のチャイルドシートを使用するユーザーのために
新機構のチャイルドケアモードを採用。セカンドシート左右の各シートを
レバーひとつで簡単に外側に60度(運転席側は30度)回転させると
チャイルドシートに子供を乗せるときなどの動作が楽に行えるように配慮された装備で。
セカンドシート中央席は簡単に折りたたむことができる跳ね上げ式のシート機構を採用。
セカンドシートにチャイルドシートを装着したままでも1列目から3列目のシートに自由に行き来することが可能。
新型ノア、、、なんて家族思いのクルマ^^
急ですが「新ノア(NOAH)」のCMです。
のりぴーもママ役をやるようになったんですね^^

Copyright © 2007 TOYOTA 新ノア・NOAH